FC2ブログ
category翼の刻印編 第2章

4・尊き子

trackback--  comment--
 どれくらいそうしていただろうか。
 やっと涙の収まった目元を拭って顔を上げると、そこには師の穏やかな眼差しがあった。

...Open more

スポンサーサイト



〔テーマ:自作小説(ファンタジー)ジャンル:小説・文学

New «‡Top‡» Old