FC2ブログ
category管理人のつぶやき

とかく儚きは人の一生か

trackback--  comment2
年も改まりましたねぇ。
皆様お久しゅうございます。

さて、わたくしごとですが。昨年末、親族を亡くしました。

今回はとても近い人でしたので、あわただしく、未だに年が改まった感がありません。

人の死とはあっけないものです。

故人に受けた恩を返す事も出来ないまま、逝ってしまいました。

気付いた時には遅いのだ、と認識していながら、それでも時間はいつまでもあるような錯覚をして過ごしていたのです。そんな事はけしてありはしないのだというのに。

縁あって薄くはない繋がりを持った事を、運命などといった言葉で済ませる気はありませんが、それでも安っぽい言い方をすればやはりそれは『奇跡』だったのかもしれないと思うのです。

人の一生の中で、薄いつながりだとしても縁を結べるのは、ごく僅かでしなない。

ここに訪れて下さるかたがいる事も、何かの縁だと言えると思います。

その事に感謝して、新たな年を過ごして行こうと思います。

画面の前の貴方様に心からの感謝を。ご恩に報いる事はかなわないかも知れませんが、少しでも楽しんでもらえるものを書いていこうと思います。

半分まで書けている次話のアップにはいましばらくかかりそうですが、気長にお待ちくださるとありがたいです。

それでは、暗い話題ですが新年のご挨拶に代えまして。
スポンサーサイト



New «‡Top‡» Old