FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category管理人のつぶやき

創作よもやま話

trackback--  comment2
今回はデザートローズについて。

まぁ、ある程度プロットつくりこんでから書き始めても、書き進めながら常に調べ物はしている訳で。
ぶっちゃけ、読む人が読めば相当おかしいものを書いているんだろうな、という自覚はあります。
ここ、大事ですよー。マジで、自覚はあるのです。

というのはですね、『騎士』 とはなんぞや?という所から始まるわけです。

そもそも騎士っつーのは西欧では、中世の、馬に乗って戦う者の階級の一つだそうで。それに付随してそのものが爵位名に相当するらしく。

んで、劇中では騎士と表記されてる人間に、将軍、師団長と階級被せまくり。
下調べが不十分なんだろうとは思うんですけど、これってもしかしてありえないのかも・・・と思いつつ。

多分おいらの脳が完全にゲームに汚染されてるんだろうなぁ。

騎士=甲冑着た人が馬に乗って戦うというイメージが強すぎるのさ。
軍事形体としては、三国志とかの中国系のが近いかな(実はこのあたりも良く分かってない、というのが根底にあり・・・なさけなや)。
一個師団が数個(もしくは数十個?)あって、それをまとめる将軍がいて、というカンジ。

で、その辺りの役職の関連性とか、自分で調べた限りではようわからんのです。頭がぐるぐるしますだ。

劇中の、しかも青年ヤークの時代の国家という概念はリアル現代のものほど大きくはなくて、小部族という程は小さくなく、かといって単一国家というほどには大きくなく、という中途半端な感じなんですよね、おいらの中では。わかりやすく言うなら、日本の戦国時代、東北、中部、近畿、みたいに、ブロックごとが国で、最終着地点日本(という単一国家)を目指してるって感じ・・・・て、逆にわかりにくいか?

ま、ともかく。そんな具合なんで、外見の格好(イメージ)が騎士っつーだけで、騎士という呼び方そのものに階級はあまりないんですよねー。

で、武器もまた困った感じで。参照先に記載されてる騎士が通常持つ槍っつーのが、ドン・キホーテみたいな円錐状のものなんですけど、それもまた自分のイメージとは違うかなー。日本の槍とも違うんですけど。

槍の先がショートソードぐらい長くなったやつ。これイメージ的にはバルディッシュに近いかな。両刃だけど。


軍隊の形にしろ武器にしろ、参考にするものはあってもしっくりくるものが見つけられなくて、またいつもの如くグダグダ感満載で・・・・。読んでくださる方々に大変申し訳なくー。

これみてる方でそっち方面に詳しい方がおられましたら、ビシビシご指摘くださいね。ついでにご教示くださるとありがたいです(切実)。わからねーんなら書くな、とか言わないで下さいね(汗)。

がががが・・・がっ、がむばります。もっと勉強しまっす!

〔テーマ:物書きのひとりごとジャンル:小説・文学

 
No title
いやもうその辺は私も全く同じでして(^^;
「キース」の世界における「騎士」は階級じゃなくって「馬に乗って戦う人」なんです。
かまうもんか、作者こそが世界の創造主なのだー(^^)
No title
いき♂さんへ

頼もしい援護射撃キタ━(゚∀゚)━!!!!!
いき♂さんくらい上手い方がそうおっしゃるなら、もうそれでオッケって事で!
われこそが神なのだ、わははー(←頭のイタイ子です)。









        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。