FC2ブログ
category終章

新たなる旅立ち

trackback--  comment--
「なんだか、変な感じだね」
 照れくさそうにリッキーが言う。
「メリィって呼ぶの、慣れないや」
 メリィもまた、照れくさそうに微笑んだ。
「好きに呼んでくれたら良いよ。リッキーの呼びやすいように」
「でも、やっぱりメリィって呼ばなきゃいけない気がするよ」
 その言葉に、メリィは否定も肯定もしなかった。
 もう、時間は止められないから。
 自分がメリィという人間だという事を、自覚して生きなくては。
 逃げるわけには行かないのだから。
「メリィはこれからどうするの?」
「私は・・・とりあえず修行かな。
 自分に与えられたこの力を、意味のあることにしたいから」
「そっか。おれももっと修行するよ。ガイドを雇うなら俺だっていわれるくらい」
 ニ人は、お互いを見ながらしっかりと頷いた。
 メリィの顔には、もう大きな眼帯はない。
 刻まれたペンタグラムが消滅しているそのことが、彼女の誠の人生が始まったことを表しているかのようだった。
「リッキー、手を出して」
 さして疑問をもった風もなく、リッキーは素直に利き手を差し出した。
 そこに、メリィは小さな袋を乗せた。
 エルンストから手渡されたものだった。
 必要分だけ使わせてもらったから少し減ってはいるが、まだ充分に残っているそれを、メリィは黙ってもらっておく気にはなれなかった。
 エルンストから譲り受けたライネルは、少年の家に置き去りにしてきたから、これでようやく貸し借りなしだ。
 どのみち乗獣は、もう自分には必要ない。
「これは?」
「エルンストさんに渡してもらえば分かるよ」
「そう・・・」
 リッキーはそう言って、腰元の小物入れにしまいこんだ。
「もういいかい」
 若人ニ人の会話を見守っていたロードライトが、きりの良いところで口をはさんだ。
 別れは名残惜しいものだが、いつまでもこうしてはいられない。
 ニ人は同時に頷いた。
「じゃあ、またね。きっとまた会おうね!」
 リッキーは笑顔でそう言った。
 そうだ、今生の別れではない。
 またいつかの再会を心待ちにして。
「うん、きっと」
 光の軌跡が少年を包む。
 振り下ろされんとする杖の向こうに向かって手を振った。
 うっすらと、透けて行くその頬に、光が乱反射したように感じた。
 リッキーらしい。
 そして、少年はあるべき場所へと帰って行った。
「さぁ、修行だよ」
 ロードライトのいつもと変わらないその言葉にただ頷いて、メリィは空を見上げた。
 
 
 太陽は光差し、雲は流れ行く。
 大気は世界を吹き抜け、大地は静かに佇んでいる。
 そこに生かされている。
 それだけが、己に与えられたもの。
 全ては、ただそれだけのこと。


 --完--   前へ

〔テーマ:自作小説(ファンタジー)ジャンル:小説・文学