FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category管理人のつぶやき

人の心の中の自己とは何か

trackback--  comment2
以前、ウダムさんにすすめていただいた 『Hedwig & THE ANGRY INCH』 。地元のレンタルショップでようやく見つけることができたので、早速昨日鑑賞しました。

こういう事を書くと、ファンの方に怒られそうだけど、おいらが今書いてる物語の根源と通じるものがあるなー、と感じました。

人は不完全な生き物で。いつだって満たされない部分を抱えてる。
喜びも、苦しみも表裏一体なのかも知れません。
自分とは一体何なのか?その答えを探しているのかも知れません。
もがき苦しんで、這いつくばってでも歩いて行く、そういう時も人生にはあるんだろう。
その先にあるものに気がつけた時、人は本当の意味で自分というものの一部を知るんだろうな。

なんかね、そんな事を思ったりしましたさ。

ヘドウィグ役で、自身が監督でもある、ジョン・キャメロン・ミッチェルがまた儚げで綺麗でね。胸に刺さるような表情をするんだ。かと思えば、強烈に激しかったりね。人の心の苦悩が、こう、濃縮したような感じで描かれていて。ミュージカルといえばそうなんだけど、ミュージカルっぽくないかな。

良い作品でした。未鑑賞の方は一度どーぞ。オススメです。
 
おおお見て頂けましたか♪
良かったですよね!
あの映画はすごくストレートで人間くさくて、これがリアルだなと感じましたよ。
綺麗事ばかりで飾られた「人生ドラマ」じゃないとこが好きですね。
自分探しのテーマの物語は何本もありますけど、あえて触れられたくない部分に触れて、それでいて繊細で過激…そんな映画はあまりお目にかかれる事がないので貴重な一本だと思いますね。
男性にはちょっと抵抗のある映画だとは思いますが、これは男女問わず見て欲しい映画ですねぇ…

ちょっとまた見てみようかな(^^)
ウダムさんへ

いやー、ほんっとに良かったですよ。ヘヴィー級ですね。衝撃的でした。オーブンの中で歌う所とか、下着を乾燥機に入れるなと激昂したりする所とか。そいうシーンが妙に人間臭くて、スクリーンの中できちんと生きて、呼吸してる感じがしましたね。ウソ臭いのが良いって人もいるんだろうけど(物語は夢物語だから良いみたいな)、ものすごいリアリティで視覚に訴えかけてくる感じがグッときましたねー。や、マジで男女問わず見てほしいですね!

良い作品を紹介していただいてありがとうございました。









        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。